fasion

サンドベージュ

サンドベージュ:Sand beige

サンドベージュ(Sand beige)とは、その名の通り砂の色のことをいいます。サンドカラーとは一般的には褐色のことをいい、サンドベージュなので褐色がかったベージュという意味になります。サンドベージュはインテリアとしてもよく使われている色で、ファッション業界以外にメイク業界でもたびたびトレンドになることがあります。

サンドベージュの印象

サンドベージュは、ホワイトやアイボリーよりはくすんだ色味ですが、十分明るい色なので顔周りに持ってくると顔色を明るく見せてくれます。日本人の肌によく合い、なじみやすい色なので、似合わない人はあまりいないはず。性別、年齢、スタイルなど問わず誰でも着こなすことができる色だと言えるでしょう。

アイテムや素材によって見た目の印象はやや変わります。たとえば、コットンやギャバジンのようにマットな質感のアイテムなら、サンドベージュはカジュアルな印象になるでしょう。しかし、レザーやサテンのように光沢感のある素材なら、モダンに大人っぽい印象になります。何色とも相性がいいサンドベージュですが、ベージュは膨張色でもありますから、コーディネートをするときには小物やアクセサリーなどなんらかのアイテムに引き締めカラーを入れたほうがいいですね。

サンドベージュの着こなし

サンドベージュは、アイボリーよりは色味が強いものの、どんな色とも合わせやすい万能な色です。アイボリーやキャメルなどを合わせてベージュ系でワントーンコーデをすると、ナチュラルな雰囲気のやわらかいコーディネートになります。グリーンやピンクなどのカラフルな色味と合せても違和感はありません。季節を問わず着られる色でもあります。

サンドベージュは膨張色ですから、太ももや二の腕など膨張させたくない部分には持ってこないほうがいいでしょう。もし太ももがコンプレックスなら、サンドベージュのシャツにブラックやネイビーなどの引き締めカラーのパンツを合わせるようにすると全体的に引き締まって見えるはずです。色のコントラストをうまく使って、スタイルよく見せましょう。

最後に

サンドベージュは、春から冬まで一年を通して着られる万能な色です。素材やアイテムによって多少印象は変わりますが、日本人に似合いやすい便利な色だと言えるでしょう。また、ベージュ系の中でもサンドベージュは落ち着いた色味なので、オフィスに着ていくこともできます。休日のお出かけやオフィス、冠婚葬祭などさまざまなシーンで活躍してくれるのが、サンドベージュという色なんです。

サンドベージュは、肌なじみがいいためあまり派手なメイクやネイルはできないけれど、少し明るく見せたいというときにも使える色です。サンドベージュのメイクやネイルなら、品よくエレガントに見えるはず。色々な場面で活躍してくれますから、洋服でも小物でもコスメでも、サンドベージュのアイテムを一つずつ持っておくといざというときに役に立つでしょう。

また、あまり好き嫌いが分かれない色ですから、贈り物を選ぶときにもサンドベージュをセレクトするのはおすすめです。男女問わず、サンドベージュのアイテムは使いやすいので喜ばれると思いますよ。

PAGE TOP